初エッチの体験談を集めてみました。

初エッチは絶対に失敗したくありませんよね。みんなの初エッチ体験談を参考にしてみましょう。

温泉の町の湖のほとりで

僕が温泉の町で働き始め。少し慣れて近くの飲み屋さんで一人でいると後からきれいな髪の長い女性が入りしばらく連れの人と話をしていてカウンターの僕の方をみて童顔にみられる自分にー学生と少し不思議そうに声をかけ僕が簡単に自炊していることなどを話すと私―近くの大学指定の下宿のお姉さん。

自炊と仕事大変。一人増えるぐらいあまり関係ないからうちに今度いらっしゃいと連絡番号をおしえてくれ帰っていきました。一瞬奥手の僕は大丈夫かなとおもいながら黒髪の綺麗な姿と嫌味なしが印象にのこり数日後連絡してお姉さんの下宿にいき朝―夕の食事を頼み出入りをはじめました。

自分の車でお姉さんー美和子さんの買い出しなどを二人で行くことが多くなり美和子さん。

は年下の僕を子供また弟のようによんでいます。

僕は美和子さんの白いきれいな髪とふっくらとした胸に抱かれたいと思いながら過ごしていました 彼女とドライブの帰り白い太ももにそっと手を乗せるとしずかにそとをみていました。

その後少しはなれた山の湖にいき暗くなり車をとめとなりの美和子さんに唇をかさねその豊満なバストに顔をうずめ重なりました 美和子さんも肌を紅葉させ目をうるませ僕の下半身に手をのばし肥大した棒をゆっくりと包み込み促すようにさすりだしていいのよーと吐息をもらし僕は白い乳液を手にあふれ出し彼女はそっとハンカチをとり満足そうに包みこみました。 

また二人唇をかわし抱き合い続けました。熱い夏の温泉の町でーーーー。


初めてのHスムーズにいくように経験に学んでおくと良い

彼女と初めてHした時、彼女も私も初めてで、ある意味そこに至るまで試行錯誤で時間がかかりました。

キスとか、体を触るというのは前々からあったのですがなかなか最後の一線が超えられなかった。

彼女の方に初体験をするという恐れみたいなものあってそれをなかなか吹っ切らせることが出来なかったし、彼女にすれば宝物を上げるようなものだから精一杯のシチュエーションを作って欲しいというような

乙女チックな憧れがあって、こっちはやりたい抱きたいという気持ちがあっても気配りのようなものが足りなかったと思う。

彼女が良く言っていたのは彼女の部屋では嫌だ、私の部屋は論外。どっか旅行でもしてその時に・・・。当時まだ二人は学生で居住環境も整わず、金もなく、Hの経験も人生経験も足りなかった。今思えばそのぐらいの小さな要求に応えてあげればよかったと思うがそうした余裕がなかった。今とまた時代が違って、情報もそう多くなかったしね。インターネット等まるでない時代だったし。

そうした意味で、ネットや雑誌とかで、経験談や情報収集することは大事で有意義なことだと思う。いざという時にスムーズに事が運ぶように心がけるべき。男と女でその時が来たら、自然にそうなるんだよと高をくくっているより素直に経験者に学んだ方が、彼女の為にも良いと思う。

私の場合はとうとう彼女の部屋で結ばれて何とかうまくいったけど。


初体験でお泊りなどをする時に用意しておくべき事

初体験の場所や時間などは、女性の側からすれば簡単に想定する事はできません。例えば、重要なイベントの時に誘われる機会がありそうならば事前に用意する事もできますが、実際に泊まるから誘われる、といった事は滅多にないのが現状でしょう。ですから、初めてお付き合いを始めた時などには、無理に勝負下着などを用意する必要はないですし、むしろ、この下着などもなるべく新しく清潔な物を身に着けておいた方が良いのは当然なのです。

さらに、体の匂いのケアなどもしておいた方が良いのです。特に気になるのは口臭などですが、普段からも口臭ケアはしておいた方が良いです。市販の歯磨き粉なども、あまりに価格が安い物だと汚れなどが残ってしまい、どうしても口臭の原因になってしまいます。ですから、出来るだけ汚れを落としやすい歯磨き粉などを選び、頻繁に磨くと良いでしょう。

それだけではなく、胃腸から来る口臭なども匂いの原因になるので、口臭予防のサプリメントなども利用すると良いかもしれません。また、歯周病になってしまうと当然匂いがきつくなるので、定期的に歯科で歯石のケアも行った方が良いのです。他にも体を清潔にしたり、髪もなるべく綺麗にケアしたり、初体験してもしなくても当たり前にしておく事さえすれば、デートの後に2人でお泊りなどする事になっても、何も心配する事もないのです。
【出典】息が臭い対策ナビ


初めてエッチする時に気をつけること

初めてエッチをする時ってドキドキしますよね。

その女性と初めてエッチをする時、彼女が処女でエッチが初めての時、自分が童貞でエッチが初めてだったり、お互い処女と童貞で完全な初めて同士の時と色々です。

その中でも自分が初めてする時に気をつけるべきことを書いてみます。

初めての時はかなり緊張するものです。

女性の場合は初めてでも男性がリードしてくれるケースがほとんどなので楽ですが、男性が初だと大変です。

男性の場合はAVを見たりしてますが、あれがエッチの正常な姿だと思ってる方が結構いてると思い、その通りにしようとすると思いますが、まずそれが間違いです。

エッチ慣れしてる人はいいですが、不慣れな、しかも初めての男性が見よう見真似であんな風にしても女性が気持ちよくなることはまずないです。

キスひとつにしてもディープとかせずに普通にするだけでいいわけです。

次に気をつけるのは自分の臭いです。

いざする時に、女性のアソコが臭かったりしたら嫌だと思います。

女性側からしてもそう感じると考えなくてはなりません。

行為前にきちんとシャワーで清潔にしておくと良いです。息の臭い、口臭にもしっかりと注意をするようにしましょう。

いざ開始前にそうすると興ざめじゃ?と思うかもしれませんが、女性自身も清潔な状態のほうがいいので、思ってるほど興ざめされることはありません。

次に避妊です。

生でしても外に出せばOKだろうと間違った性知識のある人が多いですが、余裕でダメです。

基本的にこれは子作りの行為なので、生ですればできるものという認識が必要です。

女性からは切り出しにくいので、男性から避妊具を用意しておき、きちんとつけるようにするのが望ましいです。

最初だとよくわからないまま終わってしまうと思いますが、自分本位ではなく女性をよく観察してすることです。

痛がっていたり、気持ちよくなさそうなことはできるだけしないようにします。

逆に女性の反応が良い場所があれば、そこを責めていったりします。

あくまでエッチとは独りよがりなものではなく二人でするものということを念頭にいれて、初エッチに望んでみてください。


初エッチの体験談とアドバイス

僕が初めてエッチをしたのは、大学3年生の春休みになってからでした。

だから、もしかすると周りよりも遅かったかもしれません。

ただそのぶん、話はいろいろと聞くことができていましたので、準備だけはしっかりしていました。

まず一番重要な点ですが、彼女を家に呼ぶ際に、他の家族がいない時間をみはからって会えるように連絡をとります。ちなみに、コンドームを買っておいたほうが、スムーズに彼女を家まで案内できますし、余計な時間を短縮できます。ローションは必要ない場合の方が多いとは思いますが、万が一のことを心配するのであれば、準備しておいても良いかもしれません。

次に家の中は片付けるのが常識ですが、女の子によっては、エッチな漫画を見えるか見えないかくらいのところに置いていても良いと思います。

彼女と良い雰囲気になったら、いきなり襲いかからずに、そっと手を握り、後ろからやさしく抱きしめるようにして、彼女が嫌がってなければ、ゆっくりキスから始めても良いと思います。

また、できれば彼女と出会うときまでには、ガムなどで最低限の口臭をなくしておきましょう。

そして、AVではなく、生身の女の子ですので、やさしく丁寧に、声をかけながらゆっくり進んでいきましょう。男よりも女の子の方が敏感な生き物であるからこそ、思いやりが大切で、エッチが終わっても、まず女の子の身体を気遣いましょう。

そうすることで関係も長続きしていくのではないかと思います。


大学の年上のお姉さんと初エッチ

私が初エッチをしたのは、大学に入学した年の夏のことです。

大学の一般教養で心理学の授業を受けていたのですが、その授業の中で教授が、修士課程の論文のための実権をする必要があり、その被験者を探している、という話がありました。心理学には興味があって授業を受けていましたし、その実験というのにも興味がありましたし、何より、田舎から出てきてまだ友達も少なく時間が有り余っていたので、その被験者に応募しました。

すると日時を告げられ、研究室の隣にある心理学の実験室に、1人で行くことになりました。

ドアを開けて入っていくと、そこにいたのは、髪の長い面長の女性で、なぜか知りませんがドキッとしました。私の頭の中では、教授の姿があったので、待ち受けているのは男性だとばかり思っていたのかもしれません。

その髪の長い彼女は、私を見るとにこっと笑って「××君ね。実験を手伝ってくれてありがとう」と言われました。見るからにその人は「年上の女性」という感じで(今から思えば、二十代の前半なので、『年上』ということでもありませんが、その時は)、それまで同学年の女性としかほとんど話したことがなかったのでそれだけで緊張しました。

実験は、何かのモニターの中で手を動かして、それが頭の中に浮かんだ手の動きと、実際の動きが違っている、というようなことを証明するようなものらしかったのですが、よくはわかりませんでした。

そしてその実験が終わると、彼女は「来週も手伝ってくれない?」と言い(被験者の数が必要だったようです)、私は特に予定もなかったので了承しました。その彼女にまた会うことができるのがうれしかった思いもありました。

そういう感じで、実験に5~6回参加し、夏休みに入る最後の日に、実験が終わった後、「お礼にご飯をご馳走してあげる」と言われ、大学の近所のちょっと若めの居酒屋に行きました。

そこでどんな話をしたのか覚えていませんが、私は結構酔っ払い(何しろ未成年だったので)、知らない間に彼女の部屋にいたようです。

そして、これも自分ではよくわからない間に、キスをして(キスは初めてではありませんでした)、いつの間にか2人で裸になり、抱き合っていました。私はそれが初エッチだったので、うまく入れることができる、おたおたしていると、彼女が手で導いてくれました。

それで、めでたく初エッチを完了したのですが、彼女とはそれから付き合うことも、会うこともありませんでした。それっきりです。キャンパスの中でも会うことはありませんでした。なんだか不思議な気がします。


男は度胸です断られる事を恐れずに

私が初エッチに持ち込む際に気を付けているのは雰囲気作りです。女性は雰囲気に弱いのでいかにエッチしたくさせるかがポイントです。私はあまりお酒を飲める方ではないのでデートには車を使います。大体最初は軽く食事をします。食事は何でもいいですが少し小奇麗な店がいいと思います。食事をして軽くドライブをします。目指すべき場所は駐車場のある人っ気のあまりない公園です。

この公園での目的は女性とキスをすることです。食事を終えた後なのでガムなどを食べて口臭には気を配るようにしたほうがいいでしょう。車の中だけで事が進まない場合は公園内を二人で散歩してタイミングを見計らってください。散歩をしながら手を握って見るのもいいと思います。

手を握る事を嫌がらないようであればキスもエッチの確立も上がります。私の場合は公園内を歩いて手を軽く繋ぎます。そして車に戻りタイミングを見計ってキスをするといった流れです。キスをして嫌がらなければディープキスに持ち込み軽く体を触って行きます。おそらく恥じらうような感じで駄目といわれるかもしれませんが少し強引に続けてみてもいいと思います。

本当に嫌な場合はあきらかな拒絶をするはずです。場所としてはその場でしてしまってもいいのですが初エッチということも踏まえてホテルに行くのが女性としても嬉しいのではないでしょうか。